看護師として船の保健室で働く

看護師として船の保健室で働く

シップナースと呼ばれる仕事をご存知でしょうか。看護師が働く職場といえば、病院や介護施設などが一般的ですよね。ですが、近年は船のうえでも看護師が活躍しているのです。特に、長期間にわたって航行をする客船の中に設けられている医務室での仕事が多いです。

一度船に乗って海に出てしまうと、ちょっとした理由では戻ってくることが難しいですよね。 長期間陸に上がる予定がない客船などであれば尚更です。

ですが、海の上は陸の上と環境が全く違うので、普段は健康な人でも急に体調を崩してしまうことがあります。そんな時に活躍するのがシップナースです。

客船にはもちろん船医も乗っていますが、船医と協力をしながら限られた設備・環境の中で対応できる能力が求められます。また、客船には乗客の他に乗組員もいるわけですが、船に乗っている人全てに目を配り、健康管理も行って行かなければなりません。

船の上は陸と異なり、必要な医療機器があったとしてもすぐに用意をすることができませんよね。 そのため、仮に船の上で緊急手術などが必要な患者さんが現れてしまった場合、その場にある道具を上手に活用して乗り越える発想力も必要となってきます。

もちろん、場合によっては船の上ではどうしても対応することができない症状に遭遇することもあるでしょう。そういった非常事態には、すぐに最寄の港に入港をするといった正しい判断をすることができるベテラン看護師が求められる職場です。

限られた医師と看護師が強力をして仕事をしていく形になるため、ひとりひとりに高い能力が必須になります。そのため、まだ看護師としての経験が浅い人や、職歴が浅い人の場合、シップナースの仕事に就くのは難しいと思っておいたほうがいいですね。

それに、設備の整った病院で働いた経験があったとしても船の上ではまた別の知識や能力が必要となるので、どちらかというとイベントナースやツアーナースの経験がある人のほうが採用されやすいはずです。

↑ PAGE TOP