看護師と夜勤専従看護師の違いとは

看護師と夜勤専従看護師の違いとは

ひと口に看護師といっても医療機関によって働き方は様々です。同じ医療機関であっても看護師によって働き方が異なります。今回は夜勤ありの看護師と夜勤しか行わない夜勤専従看護師の違いについて書きたいと思います。

日勤と夜勤を両方こなす看護師がよく知られている一般的な働き方ですね。二交代制のところや三交代制のところがあったりと医療機関によって異なりますが、1週間のうち3日は日勤、1日は夜勤で働く場合が多いように感じます。

それに対して夜勤専従看護師はどうでしょうか。その名の通り夜勤専従なので日勤はありません。 夜勤ありの看護師と夜勤専従看護師の一番の大きな違いとは日勤があるかないかという点です。

夜勤専従看護師は夜勤のみ行うことになるので、勤務した回数分、夜勤手当がもらえます。夜勤手当はそこそこの金額になり、夜勤のみの勤務となれば収入がかなり違います。

一般的な看護師と夜勤専従看護師のどちらがいいとは言えませんが、夜勤専従になることで夜型の生活リズムになって安定し、以前より楽になったという人もいます。心身に負担がかかると言われている夜勤専従ですが、一概に辛いことばかりではないということです。

しばしば激務と言われる夜勤ですが、夜勤体制がしっかり整っている医療機関であれば日勤よりも楽だという声も耳にします。忙しさや厳しさというのは医療機関によって異なるので、転職・就職活動の際には出来る限り詳しく調べるようにしたいところです。

看護師転職サイトなら夜勤あり看護師だけでなく夜勤専従看護師の求人もたくさんあります。キャリアコンサルタントに勤務条件を相談するとピッタリの求人を紹介してくれます。

一般的な看護師と夜勤専従で悩んでいるのであれば、求人情報を吟味して検討してみるといいでしょう。 新たな発見があるかもしれません。多くのメリットを感じられる医療機関で働く為にも、詳細な情報を得られるという点で看護師転職サイトを利用するのをオススメします。

↑ PAGE TOP