看護師の歴史を辿る

看護師の歴史を辿る

看護師の起源は修道女が教会に病人を集めて世話をしたことが始まりとされています。中世のヨーロッパでこのような活動があったようです。

現代における看護師の土台を築き上げた人物とは、誰もが知っているあのフロレンス・ナイチンゲールです。ナイチンゲールは協会が経営している看護学校に通っていました。

看護の道を目指すきっかけとなったのは姉の看病です。そのために看護の勉強を始めて、その後はイギリスの病院に就職します。そこでナイチンゲールは悲惨な現場に直面することとなりました。

看護の知識がないにも関わらず働いている者が大勢いたのです。このショッキングな現状を目の当たりにし、専門教育をうけた看護師が必要だということを訴え始めるようになりました。

1854年になるとクリミア戦争に従軍することになり、それまで看護不足による死亡者が多いと言われてきたのですが、実際には不摂生による感染死亡者であることに気づきます。そこで院内の衛生環境を改善することに尽くし、死亡者を激減させたのです。

それからナイチンゲールは看護学校の設立や病院の分析など、看護現場の環境を改善する為の活動を行いました。著書もたくさん残っています。1860年にナイチンゲールの名前が付けられた看護学校が誕生したことで、世界中にその名を広めることになりました。

その看護精神が日本には明治時代に伝わってきました。1886年に国内初の看護学校である看護婦養成所が設立されます。1948年に保健師助産師看護師法が制定されて看護師という職業が確立されました。

2002年3月の法改正まで看護師ではなく、看護婦と呼ばれており、男女の区別なく活躍できる職業へと変化を遂げました。2011年には100回目となる看護師国家試験がありましたが、ここ数年合格者が45,000人を超えており、人気の職業として今も多くの人が目指しています。

海外では医師と看護師は上下の関係ではなく、同等の立場にあると言われていますが、日本ではまだまだ古い考えが残っています。

↑ PAGE TOP